中村昌平 with J

こんばんは。

中村です。

最近寒さがグッと強くなり、師走感がだんだん出てきた気がします。

先日の月曜日私はある場所へ向かっていました。

お相手はジーコことrisu店の深澤くんです。

向かった先は…

そう、法多山です。

この時期の法多山は初めて。

実は今年の初めあたりにジーコと法多山に来ています。

今年の内に2回も来てしまいました。

もはや私とジーコは単なる職場の仲間という枠では収まりません。

法多山仲間、ハッタサーズなのです。

ん?ハッタサンサーズ?

hattaser’s?

何でもいいや。

せっかく来たのはいいですが、もはや法多山を知り尽くしている2人。

そんなに興奮するものもなく、ただお参りをして終わりと思っていました。

しかし法多山に入る前の店が立ち並ぶ場所で・・・

山場来たーーーー!!

いきなりの山場きたー!

まさかこんなに早く今回のクライマックスを飾るであろう謎の100均エリアが出てくるとは…

こんなもの見たらとりあえず漁りますよね。

とりあえず当たり前のようにヘアアイロンが置かれていました・・・

いや、これ本当に買ったら結構高いんじゃないの・・・

でも箱は空いてるし、取説はないし、もはや動くかすらわからない状態でしたので、ジャンク品として100円が妥当でしょう。

そして突然現れた、おばちゃまシリーズ。

ドロシー・ギルマンの名作であろう本がずらりと並んでいます。

本に詳しい方は知っているかも知れないですが、私は知らないので新鮮でした。

「おばちゃまはシチリア・スパイ」「おばちゃまは香港スパイ」「おばちゃまはサファリスパイ」

おばちゃま元気すぎ。

「おばちゃまは飛び入りスパイ」とか、もう勢いじゃん。

フットサル感覚じゃん。

その中でも「おばちゃまはイスタンブール」という謎のキャッチーな題名に心を奪われ買おうかと迷いましたが、ここは何とか我慢しました。

その次に目を奪われたのはこちらのCD。

これを見てジーコが一言言いました。

「……………誰?」

ど直球すぎワロタ。

でもそんなジーコも心を奪われるアイテムを発見してしまいました。

めっちゃ悩んでます。

買ったーーーーー!そしてすぐ着けたーーーーー!

いや、めっちゃ長いし…

いや、ジーコが良いなら良いんだけどさ・・・

100円の魔法というのは怖いものです。

その後、法多山を登りお参りをしてお団子を食べたりしたんですが。

もう、どうでもいいです。

最初のインパクトが強すぎて他の事がどうでもよくなってしまいました。

おみくじでジーコが大吉。私が凶でしたが、そんな事どうでもいいです。

残りの年末、お参りもした事だし突っ走ってまいります!