技術力を高めるということ

こんばんは。

中村です。
昨日から大塚くんのシャンプーをもう一度見ています。

というのも、長年通ってくださっているお客様から、「もう少しシャンプーの練習をした方がいい」とのご指摘をいただきました。
この仕事は凄く正直な仕事です。

技術や接客力が足りなければお客様はお店から遠のいてしまいますし、一度遠のいてしまうとまた来ていただくことは非常に難しいです。

これだけたくさんの美容室がある現在ですから当然のことですね。
また、満足していただけなかったお客様は何も言わず違う美容室に行ってしまうことがほとんどです。

自分たちの何が足りなくてお越しにならなくなったのか、どこが気に入らなかったのか、知らないままお会いすることが出来なくなってしまうことが多くあります。
その中でこうやって思った事を伝えていただけて、改善する機会を与えてくれるお客様に本当に感謝していますし、次こそは満足のいく技術を提供できるようにと次の励みになります。

本当にありがとうございます。
ご指摘いただいた日からすぐに改善のための練習です。

丁寧に、また次にお会いした時に気持ちかったと言ってもらえるように、思いを込めて私もシャンプーを見ます。
美容師として駆け出しの頃は、年齢も若く、話し方や接し方などまだまだ未熟な点がたくさんあります。

しかしお客様に入らせていただく以上、美容歴や経験の数は関係なく、1人の美容師として見られます。それはプロである以上当然のことで「入ったばかり」という事は理由にはなりません。
若いという事は勢いがあり、ガムシャラに向かえる反面、正直お客様にとっては「不安要素」の一つでもあると思います。
その中で認めてもらうにはただ一つ「技術力を高める」という事です。

どんなに若くても、できることが少なくても、そのできることが最高水準であれば認めてもらうことができます。

逆に「若いのにしっかりしている、技術がうまい」と、予想以上の評価をいただけることもあるでしょう。
だからこそ今、技術を向上させることが何よりも大切なのだと思います。
認めてもらえることで仕事への楽しさも感じることができると思うし、自分ができる技術への誇りや自信を持つことができます。

少しでも早くたくさんのお客様に認めてもらうよう、私自身も取り組み、後輩たちに最高の思いをしてもらえるようにサポートしていきます。
この度は大切なことに気づかせていただき、ありがとうございました。