新入社員に送る気持ち

こんばんは。

中村です。
日本がグループリーグを突破しましたね。

賛否両論あるようですが、私はありだと思っています。

多分一番勇気を出したのも、一番もやっとしてるのも選手、監督たちなんだろうなぁと思います。

苦渋の決断を下さないといけない場面は誰にでもあり、時に批判を食らうことも辞さない覚悟が必要だと思います。

そういった意味で、恥を捨て、バッシングを覚悟してトーナメントに勝ち上がった選手たちを賞賛致します。

今回は練習のお話。

今日から新入社員の大塚くん、高山さんがカラーの練習を始めました。

華やかな表舞台の裏には地道な努力あり。

とにかく頑張って欲しいですね。
私も若手の頃は朝早く、夜遅くまで誰よりも練習をしてきたという自負があります。
量より質という方もいると思いますが、きっと量をやっていた時もあると思う。

量をやりきった時に初めて質が見えてきて、本当の意味で「量より質」の意味を理解すると思います。
それに気付くまではとにかく量をやること。

私はそう思います。

やり切った先にあるものを感じてもらいたい。

そういった思いで私も最大限の応援をしていきます。
正直、美容師を始めたばかりの頃は仕事を楽しいと思える機会は少ないと思います。

出来ることも少なく、掃除、片付け、カルテ整理など、直接的に自分が仕事に携わっていると思える機会が少ないです。(実際これらの仕事は営業に直結するとても大事な業務ですが、気持ちの問題として)

そんな時に「楽しい」「この仕事をしていて良かった」と思えることは、お客様からの感謝の言葉をいただけた時だと思います。

辛い中精一杯仕事をしていて、お客様から「ありがとう。」と一言言われた時に本当に救われるし、美容師をやっていてよかったと思えます。

実際自分も仕事を辞めたいと思っていた時に、何度もお客様に救っていただきました。

だから私は少しでも早く、少しでも多く、そういったことを言ってもらえるよう、出来ることを増やし、技術力を上げてあげたい。仕事の楽しさを味わってもらいたい。

そう思います。
まだまだ技術力という面で初歩の初歩の段階ですが、確実にそれに向かい始めていると思います。

頑張れ!新入社員たちよ!!