カラー剤の怖さ

こんばんは。

中村です。
今日はカラーの怖さについて。
今、耳がかなりかぶれています。

もともとカラー剤のアレルギーは持っていたので控えていたのですが、先日黒染めをする際に久しぶりにカラー剤を使用しました。

スタッフにかなり気を遣ってもらったので塗っている時は頭皮には全くついていません。
しかしどうしても流す時に着いてしまったり、カラー剤が安定するまでに時間がかかるため、耳にかぶれが出てしまいました。

カラー剤にはアレルギー症状を起こす物質が入っています。

代表的なものが「パラフェニレンジアミン」

髪を染めるためには非常に大事な化学成分です。

一度アレルギーが出てしまうとそこから先、ずっとアレルギーが出ます。
私も最初になるまでは全くアレルギー反応がなかったのですが、一度出てしまってからは使用を中止していました。

ブリーチやマニキュアは成分がまた違うので、やることができていたのですが…

カラーを楽しみたいのに楽しめない。

カラーをする時に心配。

そういった方の気持ちは痛いほどよく分かります。

ですから大事なのはやる前にどれだけそこに目を向けられるのか。

場合によってはカラーをお断りすることも必要だと思っています。
その中でできるカラーを楽しんだり、別の部分で楽しんだり。
方法は様々です。
自分が辛さをわかる分、お客様にしっかりと還元していきます。
些細なことでもご相談ください。