アッシュにしたい?んじゃ赤味消していこーぜ!

こんばんは。
中村です。

本日のテーマはアッシュ
こちらの低明度のアッシュ。

とっても綺麗に入っていますね。

限りなく黒に近いけどアッシュの青味、くすみ感が出た非常に綺麗なアッシュとなっております。

こういったアッシュを出す時に大切なのはアンダーコントロール。
アンダーとは色を染める前の髪色の状態のこと。

染めていなければ黒。

日本人の多くの方は明るくなるごとにオレンジ→イエロー→ペールイエロー→ホワイティイエロー→ホワイトと変わっていきます。

もうちょっと専門的に説明します。

髪を大きく分類分けすると「レッドアンダー」と「イエローアンダー」に分類することができます。

日本人の約8割はレッドアンダー。

分かりやすくいうと、一般的に見る日本人の黒髪。

一目見る限りでは黒に見えますが、実は根本は赤系統の色。

オレンジのめちゃくちゃ濃い色と考えると分かりやすいかと思います。

だからブリーチをする時に一回では白にならず、オレンジ→イエロー→ホワイティイエロー→ホワイトと回数を重ねるごとにこのオレンジが薄くなり白に近づいていきます。
このレッドアンダーがアッシュを作る時に非常に邪魔になってきます。


こちらは色の相関図。

アッシュの原色であるブルーの反対側にあるのがオレンジ。

つまりブルーを入れてもこのオレンジが邪魔をして上手くアッシュが出ないわけです。

髪に置き換えるとどうなるのか。

こういったレッドアンダーの方に綺麗なアッシュを出すための方法は二つ。

「レッドアンダーを限りなく削って無くし、上からアッシュを被せる」
「レッドアンダーのオレンジをも消し去るほどの強い青味を加えアッシュを作る」
こちらになります。

後者の選択をする場合、アンダーが暗いことと、被せる青が非常に強いため、高明度のアッシュを出す事は不可能です。

逆にブリーチを施して青味を加えると黄色味が残っていた場合、アッシュの青味と混ざり合い緑(マット)にふれる可能性があります。

ですので高明度のアッシュを作る場合にはしっかりとレッドアンダーをなくす必要があります。

この方法は後にブログにて語ろうと思います。

今回は低明度でのアッシュでしたので後者を選択。

今までのカラー剤ではこのレッドアンダーを消し去るほどのアッシュが無かった為、実現するのが難しかったのですが、最近のカラー剤の進化により、非常に強い青味を持ったカラー剤が開発され、実現することが可能になりました。

その結果画像のような綺麗な低明度アッシュが生まれた訳です。


ちなみにこのお客様のアンダーは6レベルくらい。
それだけ暗い方でも綺麗に出ます!

いやちょっと待て!

さらっと言ったけどレベルってなんだ!?

レベルが上がると強いのか!?

さらに強い装備ができるのか!?

ボスとか倒しやすいのか!?
って事で次回はこちら。

オッス!おら髪の毛!

最近どんどんレベルが上がって職場の人に怒られちまったぞー!

いいじゃねーか!

レベルが上がったって事はそれだけ修行したって事だろ?

おらもっとつえーやつと戦いてーぞ!

「髪のレベル?それってつえーのか!?」

絶対見てくれよな!

をお送りいたします。